お気楽家族の1コマ漫画日記

お気楽家族がお送りする、ただの日記から話題のニュースまで何でもありの1コマ漫画です。バージョン2。

SurfacePro4からSurfacePro7へ。USB-C接続でPDとHDMI4K60Hz出力!

   


Surface Pro 7 を購入しました!

少し前にも書きましたが、Surface Pro 7 を購入しました。発売日は2019年10月23日。発売日当日に入手できました。

購入したSurface Pro 7 の仕様は以下の通り。
・プロセッサ:クアッドコア第 10 世代 Intel® Core™ i5-1035G4 プロセッサー
・メモリ:8GB
・ストレージ容量:256GB

価格はビックカメラ秋葉原店で、153,780円(税込)。ポイントは10%でした。ビックカメラの株主優待券とポイントを少し使いました。

まずは未開封状態を撮影。

Surface Pro 7 未開封状態 表

Surface Pro 7 未開封状態 表

これまでの銀色ではなく黒色が欲しかったので、デザイン的にはとても気に入っています。
そして裏側。

Surface Pro 7 未開封状態 裏

Surface Pro 7 未開封状態 裏

開封。真っ黒だ。

Surface Pro 7 開封状態

Surface Pro 7 開封状態

取り出したところ。本体と電源アダプター。

Surface Pro 7 本体と電源

Surface Pro 7 本体と電源

これまで、Surface Pro 4 で使用していたキーボードを接続。黒と青の対比がなかなかよい。
キーボードを付け替えたときに気がついたのですが、このキーボードは掃除するとかなりきれいな状態に戻ります。

Surface Pro 7 に Surface Pro 4で使用していたキーボードを接続

Surface Pro 7 に Surface Pro 4で使用していたキーボードを接続

問題は、この電源アダプター。左側が Surface Pro 4 用で右側が Surface Pro 7 用。大きさが全然違います。当然ながら重くなっています。

Surface Pro 4 と 7 電源比較

Surface Pro 4 と 7 電源比較

Surface Pro 7 最大の特徴が、とうとう USB-C が使えるようになったことです。

重い電源アダプターを持ち歩きたくないので、これを購入しました!

PD対応 USB-Cケーブル,USB-C GaN 電源

PD対応 USB-Cケーブル,USB-C GaN 電源

窒化ガリウムを使った世界最小最軽量クラスで、電源部分が折りたたみ式になっている急速充電器。アマゾンで購入。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(世界最小最軽量クラス/2019年10月時点)【GaN (窒化ガリウム)採用/折畳式/PD対応】iPhone 11/11 Pro/XR/8、GalaxyS10、MacBook Pro、iPad Proその他USB-C機器対応 RP-PC112(ホワイト)

新品価格
¥4,599から
(2019/10/30 19:40時点)

そして、電源コードも少し高かったですが、USB-PD で100Wまで対応しているケーブルにしました。データ通信が USB2.0準拠と書いてありましたが、このケーブルでデータ通信は行わないので問題ありません。これは、秋葉原のヨドバシカメラで購入。

コンセントに差し込んで、USB-C ポートに接続したところ、しっかりと充電されていることを確認しました。

そして、さらなる環境改善のために、USB-C ハブを購入。HDMIで4K60Hz出力ができて、PD にも対応していているものを検索して、アマゾンで購入。なかなか 4K だと 60Hz で出力できる USB-C ハブがなかったのですが、頑張って探したら見つかりました。

XVZ USB Type C ハブ 8in1 マルチドック USB C ハブ HDMI 4K60Hz 、USB type c、USB C有線LAN 変換アダプター 100Mbps対応、PD充電、RJ45、USB3.0*2、SD/Micro SD カードリーダー、OTG対応 Nintendo Switch/Samsung Galaxy/MacBook Air/MacBook Pro/ChromeBook/Huawei Mate対応

新品価格
¥4,680から
(2019/10/30 19:49時点)

本当は、有線LANを使わないので、USB3.0 ポートがもう少し多いものが欲しかったのですが、USB-C ポートがついているので、USB-C ハブの数珠つなぎに挑戦。これも秋葉原のヨドバシカメラで購入。

拡張用USB-C ハブ

拡張用USB-C ハブ

これで準備完了。全てを接続してみました。

USB-C ハブ 接続状態

USB-C ハブ 接続状態

わかりにくい画像だと思いますが、下が Surface Pro 7 本体。上側が右から、急速充電器(コンセントへ)、USB-Cハブ(キーボードとマウス)、HDMI(4K60Hz外付けディスプレイ)、外付け USB3.0 ハードディスクドライブ(データバックアップ用)、iPhone接続となりました。

しかし、さらなる問題が!
Surface Pro 7 の USB-C ポートは、ディスプレイ側の右側についています。ディスプレイを立てると、USB-C ハブが浮いてしまうのです!

よって、急遽、USB-C 延長ケーブルを購入。

USB-C 園長用コード

USB-C 園長用コード

Surface Pro 7 側に接続する USB-C コネクタがL字型になっていて、大きく飛び出さないのがよい。

これで、Surface Pro 7 本体に USB-C ケーブルを1本だけ接続するだけで、外付け4Kディスプレイ、外付けハードディスクドライブ、iPhone、外付けキーボード、外付けマウスを認識して、同時に充電もできる環境になりました。

唯一の問題点は、Surface Pro 7 本体が存在しないと、iPhone が充電されないことかな。大きな問題ではありません。

Surface Pro 7 の使用感ですが、とても快適です。これまで、Surface Pro 4 の一番遅い機種で我慢して使ってきましたので、Surface Pro 7 の中位機種ですが、ものすごく動作が速く感じます。

コミポの動作も素晴らしい。3Dモデルがグリグリと動きます。画像の加工もサクサクです。

データも動画のような重いコンテンツ以外は、全て、Surface Pro 7 のローカルディスクに入れて持ち運んでいますので、どこでも自宅とほぼ同じ環境で使えます。帰宅して USB-C ケーブルを接続して、バックアッププログラムを動かせば、外付けハードディスクドライブへバックアップ完了。

外出してもほぼ丸一日は電池が持ちますし、どうしてもという場合は、小さな急速充電器と USB-C ケーブルを1本持って行けば万全です。外出先では、iPhoneをデザリングしてインターネットに接続しています。

株取引で使っている、GMOクリック証券のスーパーはっちゅう君も問題なく動きます。

メーラで使っている、Thunderbird の動作も速くなったように感じます。

ATOK 2017 を追加でインストールして、文字入力環境もよくなりました。

これで、今後もブログも楽しく書けそうです!

 - とも日記

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です