お気楽家族の1コマ漫画日記

お気楽家族がお送りする、ただの日記から話題のニュースまで何でもありの1コマ漫画です。バージョン2。

安い32インチ4K液晶モニタ2台を使って、4K×4Kの表示環境を構築!

   


パソコンの表示環境を整備!

この度、主に株取引で使っているパソコンの液晶モニタを更新しました。

これまでは、解像度1920×1080のフルHD液晶モニタを4台使っていました。モニターアームを使って上に2台、下に台座で2台設置して田形で使っていました。パソコンのモニターは広ければ広いほど作業がしやすいと思っています。目は少し疲れますが。

ところが、最近は1台のモニターで4Kという大きさを表示できるのに、価格はかなり安いパソコン用モニターが販売されています。そこで、久しぶりに買い換えることにしました。

一般的に4K解像度は3840×2160。横が4Kで縦が2K。フルHDの液晶モニタ4台でちょうど4Kの解像度になります。つまり、4Kモニターに変更するだけでは、ほぼ同じ環境なので意味がありません。そこで、4K液晶モニターを2台導入することにしました。これまでの2倍の広さでパソコンを利用できるはず。

ちなみに、最近少しずつ製品化されている8K液晶モニターの解像度は7680×4320。横が8Kで縦が4K。4K液晶モニター2台だと8K液晶モニターの半分の大きさになります。

JAPANNEXTの安価な液晶モニターを選択!

4K液晶モニターと言っても、最近は様々なメーカから様々な製品が販売されています。色々と調べたのですが、画面の大きさと価格から、JAPANNEXTのJN-IPS320UHDという液晶モニターに決定。

机が広くないので4K液晶モニターを横に2台並べるのは無理。そこで、配置はモニターアームを使って縦にして2台並べて設置することにしました。

現状で使っているモニターアームに取り付けるので、100mm×100mmのVESAマウントに対応している事を確認。広視野角のIPS-AHVAパネルを採用。6msの高速応答。フレーム幅は9.5mm。消費電力は標準で49W。なかなかの性能だと思います。

それなのに、価格は1台あたり45,970円(税込)と格安!送料は2台で800円だったと思います。2台で10万円以下とは安い!

液晶モニターを接続するパソコン側は、ビデオカードを4K×2台表示可能なものに変更しました。選んだのはMSIの「GeForceGT1030 2G LP OC」に決定。価格は1万円以下でローエンドモデルなのに4K×2台出力が可能です。インプレスのAKIBAPCホットラインの記事を参考にしました。

注文したらすぐに来るのかと思ったら、船便の遅れで納品が遅れるとのメールが来ました。少し不安でしたが、半月ぐらい遅れて納品されました。良かった。

モニターアームへの取り付け!

非常に苦労したのはモニターアームへの取り付けでした。購入した2台のうち、1台のVESAマウントのネジ位置が少しずれていて3箇所しかネジが取り付けられない状態。仕方なく片方は3点留めで使っています。価格が安いので、これくらいの不良は仕方ないのかも。交換してもらうのが面倒で、なんとか耐えられるのでそのまま使っています。

また、液晶モニタの重さが10kg近いので、片手で支えながらモニターアームへ取り付けるのは至難の業。妻に手伝って貰いました。

なんとかモニターアームへの取り付けも完了。ビデオカードを交換して電源ケーブルとHDMI、ディスプレイポートケーブルを接続。表示してみました。こんな感じ。

4K液晶モニター×2台

4K液晶モニター×2台

何の問題もなく表示できました。手前に置いてあるのはSurfacePro4。比較すると大きさを感じることができると思います。JAPANNEXTのロゴが入っている方を外側にして設置たので、中央のフレーム部分の幅は2cmぐらい。以前よりも狭くなって見やすく感じます。

画面はとても広くなりました!

安い液晶モニターなので、色やドット抜けなどが不安でしたが、全く問題ありません。十分に綺麗です。

問題点をいくつか。

新しい4K×4K環境についての問題点をいくつか書きます。

まず、画面が縦に長いので慣れるまでに時間がかかりました。首が少し痛くなりましたが、モニターアームを使って、少しだけ画面を下向きにして、椅子を上に上げたら改善されました。

液晶モニターを縦にして使っているので、設定メニューが横向きに表示されて設定が少し面倒。顔を横に傾けながらやっています。更に右と左が逆向き。リモコンが付属しているのでもの凄く大変という訳ではありません。

画面サイズは125%で使っています。32インチで100%だと文字が小さくなりすぎて見えません。

株式投資で使っているGMOクリック証券のツール、スーパーはっちゅう君が4Kを超える画面サイズに対応してないように感じます。起動の度に表示位置がリセットされてしまいます。そのため、現在は画面の右側全体にスーパーはっちゅう君をシングルウインドウモードで表示。左側にブラウザでヤフーファイナンスや他の証券会社のツール等を表示して取引しています。本当は4K×4K全体に取引ツールを表示させて使うつもりでしたが、それでも、今までよりは十分に使いやすいと感じています。

あと、たくさんアプリを起動して重い状態になると、画面がパッと再表示されてしまう事があります。安いビデオカードを使っているから、もう少し性能の良いビデオカードにすれば良かったのかな。または、パソコンの性能もそれほど高くないので、画面に見合った性能のパソコンに更新する事が必要なのかも。普通に使っている分には問題ありません。

この記事が、誰かの何か参考になれば嬉しいです。

 - とも日記

ブログランキング・にほんブログ村へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  おすすめの記事はこちら