お気楽家族の1コマ漫画日記

お気楽家族がお送りする、ただの日記から話題のニュースまで何でもありの1コマ漫画です。バージョン2。

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

続、強行京都観光!清水寺への上り坂は灼熱地獄!御陵駅はどこだ?

      2015/07/27

清水寺 仁王門

京都国立博物館から清水寺へ

お気楽家族旅行記、前回からの続きです。

京都国立博物館を後にして、次は清水寺まで歩きました。ちょっと遠くて、徒歩15分ぐらい。東大路通から五条坂の交差点まで。炎天下でしたので、ゆっくりと日陰を見つけながら歩きました。ここまでは比較的楽。

ここから先の坂道が厳しい。炎天下の上に、観光バスの排気ガスの熱と臭いが加わって、正に灼熱地獄。その先の茶碗坂は車は少ないのですが、傾斜が厳しい

なんとか頑張って清水寺の入り口まで到着。

清水寺

清水寺

仁王門の前で一休み。息子だけが元気。

その先に三重塔。

清水寺 三重塔

清水寺 三重塔

開山堂(田村堂)。

清水寺 開山堂

清水寺 開山堂

拝観料は大人300円、中学生200円。良心的。

舞台がある本堂へ。入り口の近くに大きな錫と下駄がありました。「弁慶の錫杖と高下駄」と呼ばれているそうですが、実際は弁慶とは無関係らしい。かなりの重さ。これほどの重さの錫を持って修行するのは大変でしょうね。

その先が清水の舞台。もの凄い数の観光客。そして、たぶん半分以上が外国人。インバウンド恐るべし。舞台からの景色を撮影しました。

清水寺 舞台からの景色

清水寺 舞台からの景色

遠くに京都の町並みが見えました。そこから舞台の下側へ。

清水寺 舞台の木組み

清水寺 舞台の木組み

こんなに沢山の木をしっかりと組んでいるのに、釘は使ってないとのこと。凄い。

その先に音羽の瀧。

清水寺 音羽の瀧

清水寺 音羽の瀧

沢山の人が並んでいました。時間がないので見るだけにして、清水寺を後にしました。

徒歩を断念して、タクシーで御陵駅へ

もし暑くなかったら、清水寺から八坂神社を通って東山駅まで歩くつもりでしたが、暑さと疲れでもう歩けません。息子だけはとても元気でしたが、清水寺で満足したようなので、坂を下りてタクシーで戻ることにしました。

五条坂の交差点の所にタクシー乗り場がありました。浜大津駅まで戻らなければならないので、ここから御陵(みささぎ)駅まで行ってもらいました。ベテランの個人タクシーでしたので安心しておまかせ。到着までの時間を確認したら10分ぐらいとのこと。車内は涼しい!

実際に10分ぐらいで御陵駅付近へ到着。ここで降りてくれとのこと。降りましたが駅が見あたりません。地下鉄の駅なので駅舎がない。タクシーの運転手に確認したところ、彼自身も分からないらしい。

は?

近くの駅の場所を知らないタクシーの運転手がいるのに驚き!それも優秀なはずの個人タクシーなのに!こんなんで世界一の観光都市と言えるんだろうか?

仕方ないので、グーグルマップで確認。タクシーから降ろされた所から2分ぐらい歩きました。グーグルマップがなかったら駅に到達できなかった。

グーグル様、ありがとう!

浜大津駅まで戻って大阪へ

これで京都観光は終わり。浜大津駅から車に乗り換え。この時点で午後5時半頃でした。

半日で京都の名所を5箇所(本能寺、二条城、三十三間堂、京都国立博物館、清水寺)を回ることができました。季候が良ければ八坂神社と平安神宮にも行けたはずですが、まずまず満足しました。

名神高速道路で大阪へ。それほど大きな渋滞もなく、午後7時頃にホテルへ到着しました。

長くなってしまったので、次回へ続く

 - とも日記

ブログランキング・にほんブログ村へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  おすすめの記事はこちら